美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸を比較

その他 2017年1月03日

コラーゲンとヒアルロン酸は、美容成分として広く知られています。どちらの成分も、スキンケア化粧品によく利用されています。ヒアルロン酸と、コラーゲンは同じような物質だという印象を抱かれがちですが、全く別のものです。コラーゲンと、ヒアルロン酸は、どちらも皮膚の奥にある真皮層という場所に存在している成分です。ヒアルロン酸は、コラーゲンがつくる格子の中にゼリーの状態で入っています。これらが合わさって真皮層と呼ばれる層を形成しています。コラーゲンやヒアルロン酸量が十分にあれば、肌のしわやたるみをなくすことができます。お肌に多くのコラーゲンを貯め込んでおくことができれば、お肌の小じわやたるみの予防になります。肌の弾力を維持したいならば、コラーゲンを供給しておくことがとても大事なことです。肌の保湿効果を得るためには、ヒアルロン酸の量が多い必要があります。ヒアルロン酸自体が、水っぽいゼリー型の成分です。お肌にヒアルロン酸があれば、しっとりした潤うお肌でいることができます。コラーゲンが果たしている機能と、ヒアルロン酸が果たしている機能は違っていますが、どちらも美容に必要だという点では一致しています。ヒアルロン酸は保湿効果、コラーゲンはしわやたるみ対策に、あえていえば必要とされている成分です。効果的なスキンケアをするためにも、コラーゲンとヒアルロン酸の双方の違いを認識し、より自分のお肌が必要としているものを選択してください。
http://konkatsu-osusume.net